歩きスマホ難題とポケモンGO配信

危険な徒歩スマフォが社会問題になっている。
ポスターやTVなどの各媒体も、歩き回りスマホあかんで!という警鐘はよく見るし、気をつけないといけないなぁ、というのに、自分でもはっと気づくと、道筋を駆け抜けながらケイタイのディスプレーをのぞいてたり、取り締まりを通してしまっていたりやる。伝言が便利になって、メイルもクリック通告もいつでもどこでもいただける取り分、ふっと時と要素を忘れてケイタイに感想してしまうのだ。
しかし、あれほど社会的に走り回りスマホはやめようと呼びかけていながら、ポケモンGOの送達はある程度むりして映る。
いつどこに出現するかわからないポケモンをゲットするためには、スマホディスプレーを覗きながら歩き回るしかない。間隔要素関係なく飛び込んで現れるメイルやクリック通告についその場で反応するのに通じる。
プレイ店舗がポケモンの送達要素を外観できるのだろうから、安全な室内だけとか、スーパーやテーマパークみたいな限定的な近辺一部分だけ、というようにしたらいいのではないだろうか。マイナチュレにトライアルやサンプルがない理由